『夢をかなえるゾウ』の課題を実行:人が欲しがっているものを先取りする

『夢をかなえるゾウ』の課題を実行:人が欲しがっているものを先取りするUncategorized

お昼ご飯は腹八分にしてみましたか?
どうでしょう。いつも午後は眠くなっていたけど、眠くならなかったんじゃありませんか?
何かをやったことに対して、結果がコミットすると非常に気持ちがいいですよね!
今後も続けていきましょう!

さて今回は第四の課題
人が欲しがっているものを先取りする
について紹介します!

人が欲しがっているものを先取りすることの目的

その目的は、
何にでもアンテナを張ることで、ビジネスや人間関係に対する感性を磨くこと。

「会社の同僚と食事をしている際に、話を聞いてあげたり、水を注いであげたり…」

「飲食店に行った際に、食器を下げやすいようにまとめたり、会計をまとめたり…」

出会う人に洞察力を働かせることで、自然とその能力が磨かれ、
それがビジネスや人間関係を向上させるという事です。


それでは、ただ単に相手をよいしょしているだけでしょ?
と思われるかもしれません。結果的にはそうなってしまうかもしれませんが、
大切なのはその過程で磨かれる感性なのです。
それは、相手の欲を満たすことがビジネスにつながるからです

欲を満たす=ビジネス

「ざっくり言うとな、稼ぎいうんはどれだけ他人の欲を満たせるとか、それが数字にそのまま表れとるんや。腹が減った、眠い、遊びたい、気持ちよくなりたい…人にはそういう欲があるわな。その欲を快適に満たして、その対価としてお金をもらうんが今の世の中では『ビジネス』て呼ばれてんねや。

『夢をかなえるゾウ1』55頁より引用


さらに続けてガネーシャはこのように語ります。

「前略。『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』てな。人にはどんな欲があって、何を望んでいるか、そのことが見抜けるやつ、世の中の人たちが何を求めているかがわかるやつは、事業始めても上手くいく。上司の欲がわかっているやつはそれだけ早く出世する。せやろ?」

『夢をかなえるゾウ1』55頁より引用

そしてガネーシャは、「朝食にベーコンが入っていなかった」ことに対して、「ワシの『ベーコン欲』」を見抜けなかったことが、主人公が成功できない理由と関係していると言い放ちます。

「いや、さすがにそれは関係ないやろ…」

と思いますが、こんな憎たらしい言葉にもちゃんと意味はあったのです。

人はわざわざ『○○が欲しい』とは教えてくれない

「ええか?人の欲を満たすにはな、人に『何が欲しいんですか?』って聞いて回ればええってことやないんやで。もしかしたら人はこう言うかもしれんやろ。『何が欲しいかわからない』。でもな、それでも人には何かしらの欲があるんや。」

『夢をかなえるゾウ1』57頁より引用

そこでガネーシャは、「T型フォード」の生みの親、ヘンリー・フォードを引き合いに出します。
フォード曰く、
「もし私がお客さんに何が欲しいか尋ねたら、彼らはもっと早く走る馬が欲しいと答えるだろう」と。

人間にはもっと早く快適に移動したいという「欲」がある。でも当時の人々が考えられるのは、「もっと早く走れる馬」位しか考えられませんでした。でもフォードは、その早く快適に移動するためには、「馬ではなく機械に走らせる必要がある」と思った。だから「T型フォード」を作ったのです。

普通に何も考えなく生きていたら、思いつかないようなことです。だから人が何を欲しがっているかをこっちが考えて、予想して、提案していかなければなりません。
「人の欲を満たす」という事はそれくらい難しいことなのです。

だからこそ、日ごろからアンテナを張ることで、その「人の欲を満たす」ための完成を磨く必要があるのです。

最後に

今回は第四の課題
人が欲しがっているものを先取りする
について紹介していきました。

ポイントは、
何にでもアンテナを張ることで、ビジネスや人間関係に対する感性を磨くこと
出会う人に洞察力を働かせることで、自然とその能力が磨かれ、それがビジネスや人間関係を向上させる

なぜかというと、人には潜在的に腹が減った、眠い、遊びたい、気持ちよくなりたいという欲があり、その欲を快適に満たして、その対価としてお金をもらうことが今の世の中では『ビジネス』と呼びます。だから、『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』となるのです。

そしてその「○○が欲しい」というのは、人は教えてくれません。自分でも本当に欲しいものというのをよくわかっていないからです。その欲を満たすことこそビジネスチャンスがあるのです!

友人の中にもやたらと幹事が上手だったり、さりげない気遣いができる人って
概して仕事もできる人ですよね?

ふと思い返してみれば意外と思い当たる節が多いことだと思います。だからこそ誰にでもできるし、コツコツとした積み重ねが、大きく飛び立つ一歩になるのです。
「今日何食べる?」と恋人に聞いたときに「なんでもいい」って言われたら腕の見せ所です。

ぜひ今日からやってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました